家にいるといろいろな人がセールスに来ますが、アンテナ工事の営業員もその一人です。いきなり「アンテナ工事をしたほうがいいですよ」と勧められても、電気系統や通信について詳しい知識を持っていないと営業員の方の言葉どこまで信用してよいのか迷うものです。そこで大切になってくるのが正しい判断をするための知識や情報です。こちらの情報が参考になれば幸いです。

アンテナの状況を知ることの大切さ

地デジに入れ替わるときにアンテナ工事をする人は多かったのですが、その時期は工事を依頼する人が多く業者を選ぶ余裕などない人がほとんどでした。また、古いアンテナをまだ使う時期に入れ替え工事をした人は古いアンテナを残したままのはずです。古いアンテナを残しておくのはとても危険ですので頃合いをみて取り外す工事をすることは大切です。

古いアンテナの処分方法

テレビアンテナは簡単に壊れるようなものではなく、比較的、製品寿命は長いものといえますが、それでもなんらかの理由で不調になってしまうことはあります。たとえば、アンテナに雷が落ちて中の部品が壊れてしま…

» Read more

アンテナ工事のポイント

テレビの映りが悪くなったり、雑音が目立つようになったりした場合には、アンテナの状況をすぐさま確認することが大切です。特に、取り付けから長い年月が経過している場合には、雨や風などの影響で金属部品が錆…

» Read more

アンテナ工事の相場

地上波デジタル放送アンテナ工事

地上波デジタル放送アンテナ工事について、魚の骨のような八木式アンテナを屋根の上に設置する際は全国的に大きな相場の差はなく、各地において1.5万円前後が相場です。ただし、魚の骨のような滑稽な形ではない見栄えの良いデザインアンテナ(具体的には壁面アンテナ)を設置する際に関しては、八木式アンテナ設置料金相場とは差があります。具体的にはデザインアンテナを設置する際は八木式アンテナ設置コストより5000円くらい高い2万円前後が工事料金の相場となっている傾向です。ただし、八木式アンテナの設置は各社によって差がないのに対し、デザインアンテナに関しては2万円程度が相場ながら料金を高く設定をしているケースもあり、3万円かかる業者も存在します。

地上波アンテナとBS/CSアンテナの工事を同時に行う場合

地上波デジタル放送のアンテナとBS/110度CS兼用アンテナを同時に屋根の上に取り付けるような場合は、別々に作業をした際の合計料金より低く済むケースが多めです。具体的にはBS/110度CS兼用アンテナの屋根設置も1.5万円くらいかかり、合計すると約3万円かかるものの、一緒に工事すると2万円前後で済む業者も存在します。さらには、2つの工事を一緒に行った場合は、合計1.5万円で済むような業者もあります。そのため、地上波デジタルアンテナを屋根に設置する際は、そんなにBS・CSは視聴しないとしても併せてBS/110度CS兼用アンテナ工事を同時に行うことをおすすめします。ただし、電波が弱くてブースターをつけないとならない場合は、ブースター設置に別途1万円以上のコストがかかります。

アンテナ工事は業者に依頼しよう

アンテナ工事と一口に言っても、アンテナの種類や取り付ける場所によって、工事の仕方は変わってくるので、専門の業者さんにお任せするのが一番です。

アンテナ工事業者の選び方

見積もりの見方

見積もりをお願いすると、見積もり書というものをもらうことができるのです。ただ、一般の人はそれほど頻繁に目にするものではないため、どこをどう見れば良いのかわからない場合も多いでしょう。そこでまずは基…

» Read more

アンテナの種類

まず工事が必要な地上波アンテナを挙げると、一番有名なものとしては屋根の上につける「八木式アンテナ」という、食べ終わった後の魚の骨的な大型アンテナがあります。また、屋根に八木式アンテナを取り付けたく…

» Read more

保証やアフターサービスについて

アンテナ工事は自力で行う人もいますが、一般的には専門業者に依頼します。最初に、インターネットなどで、最寄りのアンテナ工事業者を探し、見積もりを取ることから始まります。業者を選定したら、現場を見ても…

» Read more