保証やアフターサービスについて

アンテナ工事の流れと工事方法について

アンテナ工事は自力で行う人もいますが、一般的には専門業者に依頼します。最初に、インターネットなどで、最寄りのアンテナ工事業者を探し、見積もりを取ることから始まります。業者を選定したら、現場を見てもらって後日本工事となります。工事の際には屋根などにアンテナを取り付け、アンテナの向きなどを調整してもらいます。宅内で使用するテレビの数によってはブースターなどを取り付けることもあります。アンテナの向きを調整する際には、地元基地局にアンテナを向ける必要があるのはもちろんのこと、垂直検波・水平検波など地域により電波の状態が異なるため、地元に強い業者にお願いするのが良いでしょう。また、保証やアフターサービスが充実しているところに頼むと安心です。

業者が行なっている保証やアフターサービスとは?

信頼できる業者であれば、5年間程度の保証がついています。この場合は、アンテナ工事実施後に5年間は万が一テレビが見れなくなった時には無料にて対応してくれます。ただし、有料になることもあります。例えば、雪や台風などによりアンテナが物理的に壊れてしまった場合や、アンテナと基地局の間に新しい建物ができて電波が受信できなくなってしまった場合などです。アフターサービスとしては、有償の場合無償の場合にかかわらず、テレビが映らなくなったというトラブルが発生した場合には迅速に対応してくれるというサービスがあります。また、テレビの映りが悪くなった場合には、訪問してくれて電界強度を測定して受信状態を確認してくれるというサービスもあります。